PMBOKをベースにしたXELOPスタイルの解説 << ソフトウェア産業革命 << ソフトウェア産業革命 - XELOP official site

PMBOKをベースにしたXELOPスタイルの解説

PMBOKをベースにして、XELOP式ソフトウェア開発産業革命を解説してみましょう。
テキストとして、「THINK IT」の「即活用!企業システムにおけるプロジェクト管理」 (http://www.thinkit.co.jp/free/project/1/1/1.html)を参考にさせていただきます。
このテキストでは、PMBOKがソフトウェア開発プロジェクトに非常に分かりやすくマッピングされており、プロジェクトとしてのソフトウェア開発の現状問題が細大漏らさず網羅されています。ちなみに、旧来の開発プロジェクトをドラスティックに変えずに改善したいという希望には、このテキストは参考になると思います。

さてでは、本題です。

XELOP式ではまず最初に、PMBOKの位置づけが異なります。
テキストでは、プロジェクトをそのままシステム開発プロジェクト、即ちひとつの案件にマッピングしていますが、XELOP式では、

プロジェクトスコープを「システム開発組織」全体

とします。
紛らわしいのでこれまで称されている「開発プロジェクト」は、ここでは「案件」と呼びます。
組織は、複数の案件を持つことが多いですが、巨大な案件であればひとつである場合もあります。
ポイントは、個々の「案件」と分離して共通に構築すべき「標準」を支えるためのコストを賄えるだけの収入があることです。

このようにスコープをシフトアップすると・・・

案件横断的に、標準化やリソースの共有

など様々なことがスムースにできるようになります。
つまり例えば次のようなことが可能になるわけです。
このように簡単な発想の転換をすると、PMBOKで定義されているプロセスの大半は、組織内で標準化・共有化されます。 それら共有化されたプロセスは、毎回案件ごとに実行される必要がないので、当然その分効率化されます。
コスト、納期、リソース共に最適化され、また品質も向上し、結果として利益が拡大します。

以上のことを念頭に置いて、テキストを読み進めてみましょう。

テキストでは、PMBOKに従って、現行の開発プロジェクトの問題点が指摘されています。(必ずしも作者の意図するものではないにせよ・・・)

現状の問題点とXELOP式のソリューション

それらを説明して参りたいと思います。


生産性を高めるためには、個々の技術より、それをどのように使うかという生産方式が欠くべからざる観点です。
またシステム開発をあくまで営利産業として考える場合、アカデミックな技術論よりも経営戦略という観点が重要なのは言うまでもありません。
これらについて解説していきたいと思います。