特定業種向けフルセットビジネスASP

あなたがその業界のITリーダーになるチャンスです。

日本の99%を占める中小企業。彼らのビジネスには大企業と同等の機能のITシステムが必要です。しかし大企業のようにそのシステムに何億円も投資することはできません。
彼らがITの恩恵を享受するために極めて有効な方法。それがインターネット上で業務アプリケーションを提供するサービス ― 即ち、ASP(アプリケーションサービスプロダイバ)です。
ユーザーはインターネットのホームページを利用することができさえすればOKです。
PCにアプリケーションをセットアップしたり、サーバをメンテナンスしたりする手間は一切必要ありません。

「特定業種向けフルセットビジネスASP」は、企業に必要なありとあらゆる機能を毎月の電気代程度の利用料で提供するサービス事業。
そのビジネスを開発・運用するフレームワークを提供いたします。

資金と事業主体となるパートナー企業を求めています。

ビジネス構成図 | ASPサービスビジネス構成図 | ASPサービス概念図 | マーケットチェーン戦略 | ビジネスコンペ向け事業企画書 | 損益計画 | 収支計画 |


事業コンセプト

「特定業種向けフルセットビジネスASP」

ある特定の業種で必要とするありとあらゆる業務システム・サービスをインターネットでサービスするビジネスポータルサイト。

☆業務に必要なITすべてを
完璧に網羅。
ユーザーの要望に聞き耳を立て、改善していくスタンス。
☆電話代程度の価格で
月額数千円から数万円で提供。
ソフトウェアの常識を覆す価格破壊。
☆オーダーメイドのように
ユーザーごと希望どおりに変更。
☆ネットワークプラットフォームを
データをダイレクトに共有。ユーザー同士が取引を行なうマーケットプレイスを構築。

要点

3つの収入モデル

ツールサービス
基本的な業務のアプリケーション
アウトソーシングサービス
電話・宅配・事務代行・経理など一般的なサービス
マッチングサービス
メンバー間および対外的な受注を得るオープンマーケット

ビジネスアライアンス

既存のサービスアウトソーサーとパートナーシップを結び、すべてのサービスを実現する。
企画・営業などについてもアウトソーシングを行う。

インフラの共用

各業種向けのASPに共通の業務や機能を共通化し、各業種に専用の部分を最小に留める。
企画・開発・運用などの業務についても70〜80%の共通化を行う。

戦略

Winner Takes All & Long Tail

ターゲットの業種について一部の大企業を除く残りの中小零細企業顧客すべての囲い込みを目指す。

<出版社の例>

全国の出版社4300社に月額1万円でサービスするとしたら・・・
 利用者として・・・月に1万円ですべての業務のITが利用できる
 運用者として・・・月に4300万円の売上があがる

マーケットチェーン

特定事業者のビジネスをフルサポートし、さらにその事業者の取引先へも連動するサービスを提供。その取引先業種へマーケット展開する。
即ち、鎖のように連綿と繋がった各業種間の取引関係を辿ってシステム化サービスすることで、次々に拡大展開していく。